エンガワ卓のイラストは巨乳

メニュー

サキュバスよんだら母が来たのキャラを紹

サキュバスよんだら母が来たのキャラを紹介。
タカシ男子高校生でまだセックスしたことがない。


母親の裸を見て勃起すらしない。
森田惠利、森田タカシの母親。女子力もない母親。エリリン、森田タカシが呼んだサキュバス。それはタカシの母親だった。



エンガワ卓はサキュバス呼んだら母が来たの絵を担当。


エンガワの絵の特徴はムチムチした巨乳の女性。



サキュバスよんだらに現れる母も巨乳でムチムチ。チンジャオガールとの共同作品は姉はヤンママ授乳中in実家などがある。同人誌とは明治時代の頃、同じ志を持った仲間同士が集まって、同人雑誌を作っていた。
同人=エロという意味はない。なぜ同人=エロなのかというと同人の中でエロが爆発的に人気があるからです。月に1冊の作品を出して500部以上売れたら食うには困らないレベルのようです。

サキュバスとはsexを通じて男を誘うために女性の形で夢の中に現れる超自然的存在である。
女淫魔とも呼ばれる。サキュバスよんだらを読むならbookliveコミック(旧ハンディコミック)がお得。

その理由は先行独占配信されるからです。bookliveコミックでは1ヶ月目の料金が無料。
チンジャオガールとエンガワ卓のエロ同人サキュバスよんだら母が来た!? が2020年春に発売決定!3か月間オナニーを禁止したら呪文を口ずさむとサキュバスが現れる。そのことを知った男子学生のタカシは頑張ってオナニーを我慢。そして召喚したのはなんと自分の母親だった。行き遅れBBAの企画と原案をしているチンジャオ娘はDMM同人サークルランキング1位である。


同人の絵を担当しているイラストレーターはエンガワ卓(ERONDON HEARTS)。


チンジャオ娘の作品がこんなにも注目されるかというと大人しめの女の子がエッチな事件に巻き込まれて徐々に普通の女の子がセックスの気持ち良さにハマっていくからです。

「飼育小屋少女」みたいなエロくてグロい同人を企画することもあります。

関連記事